げじげじ日誌

マイ・ワールド

人間の掌の上にある世界

今日は朝から電話で起こされてとても気分が悪かった。

電話の用事が済んだらすぐ寝て、昼過ぎにうどんを作って食べてまた寝て、3時間くらい眠った気がする。

最近はあまり動く気になれない。
かといって眠れるかというとあまり。
動く気になれないからずっと眠っていたいのだが。
身体は思い通りにはならないものだ。


昼間寝ながら考えていた。

アメリカで起こっているあれこれについてツイッタで見てて思った。
世界が人間の掌の上にある、という観念に基づいてアメリカの現実は作られている。

掌の上にあるというのは比喩で、ようはそれの意思に基づいて作られたり変化したりするということだ。

それは神であったり、人間であったり、人工知能であったりするかも知れない。

世界が神の掌の上から人間の掌の上に移った、という考え方はイバン・イリイチの遺言書「生きる希望」から得たものだ。

読んだ時にはよく分からなかったが、ああこういうことかな、と思った。

人間の掌の上にある、のなら後は「誰の」ということが問題になる。

また、自分自身もまた自分や他人の掌の上にある、という妄想も生まれる。

世界が人間の掌の上にある、という観念を持たなければ、自分自身が誰かの掌の上にあるという妄想も持ちようがない。

「意思によって操作されるべきもの」という存在自体があり得ないからだ。

自分自身を「自分の意思によって操作されるべきもの」という妄想は、「他人によって操作される」という妄想へと繋がる。

だが、実際には人間は自分によっても他人によっても「意思によって操作されるもの」ではない。

だから、そうしたことを怖れることはない。

そんなことを思った。