げじげじ日誌

マイ・ワールド

世界の重み

今日はほとんど1日中アニメや動画を見て過ごした。

何もやる気がしなくて、ただ流れてゆくものを見ていることしかできない。

生きているのか死んでいるのかも曖昧で、このまま死んでもいいか、と思えてくる。

全くこの世のものに、人に、重みがなくて、何もかも他人事で、どうでもよくなっている。

自分の生死さえもどうでもよい。

現実に腰を据えてやっていこうという気持ちにならない。


まぁその内現実に戻っていくことになるのだろう。

いつもそうだからだ。
そうなると現実も悪くはない、と思えてくるし、それなりに重みも感じられてくるものだ。

だが自分の中では覚えている。
現実が紙切れのようにペラペラで軽かったことを。
風に吹かれて飛んでいってしまうようなものであることを。

現実を重しとするのはわれわれ自身であって、現実を軽くするのもわれわれ自身である。

現実にはもともと重みはなくて、そこに重しを付けるのはわれわれ自身である。

広告を非表示にする