げじげじ日誌

マイ・ワールド

虚無

虚無がある。全てが虚無の中にある。

その虚無を埋めるために、生の充実で埋めるために、何かをする。

酒をのむ、博打をする、人と会う、走る、山に登る…

しかし、虚無は決して満たされることはない。

虚無は消えることはない。

虚無の中で生きるとき、そのしんとした空間でしか受け取ることのできない揺らぎがある。

人は死ぬ。充実としての人は死ぬ。

だが、揺らぎとしての人は決して死なない。

揺らぎは伝わってどこまでも残る。

決して消えることはない。

虚無を満たそうとするな。

虚無の中から生まれる揺らぎを見つめよ。