げじげじ日誌

マイ・ワールド

明日が来ない

寝不足の日が続いている。
眠る時間は確保しているのだが、スイッチが切れないように、眠りに落ちることができない。
 
12時には布団に入っているのだが寝付くのは2時3時で起きるのは6時台。
3時間か4時間の睡眠しか取れていない。
それも、ぐっすり眠ったとは言い難い、仮眠を繰り返したような中途半端なものだ。

眠っても明日が来ない。ずーっと何かが続いている。

眠るのが怖い。
二度と目覚めないかもしれない、と感じる。


自分自身を励ます。

何ら他人に恥じるような生を送っているわけではないと。
精一杯やっているのだから、堂々としていれば良いと。
思う存分グーグー眠っても何の問題もないのだと。

あまり効果はなさそうだ。
心は少し軽くなったけれど。


寝不足の何が辛いかというと眠いのに眠れないことと、頭が殆ど働かないことだ。

単純に頭が重苦しくて辛いというのもある。


もう我慢の限界なので病院にかかることにした。
よく2年間も耐えたと思う。

これは明らかに病気であると思う。