げじげじ日誌

マイ・ワールド

人間

今日は朝起きた時から体調が悪く、殆ど寝ていた。
最近はこういう日は珍しい。

寝ているとやはり色々と考え過ぎてしまう。
今日も昔のことを色々思い出してしまった。

カリカリしないように心掛けていても、ツイッタで気に入らない記事なんかがあるとカリカリしてくるのが分かる。

とはいえ確かに書いてあることは現実なのでカリカリしてもそうであることは間違いない。

ただ自分が受け容れたくないものだ、ということが分かるだけである。

うまく言えないな。
ようは自分の事と結び付かないなら現実として受け容れるのは容易いのだけど、まだ自分と関係のあることなので受け容れ難いということだ。


今日見てて腹がたったのは「妾になろう」という記事だった。

書いてあることは確かにその通りだ。社会進出した女性の殆どは給料が低く、生活に不安を感じている。

だが周りの高収入の男性は既に結婚している。低収入の男性には惹かれない。

となると高収入の男性の妾になって、仕事はそこそこに楽しく暮した方が良いではないかと考えるのは当然の流れだろう。

彼女らにとっては「安心」が一番大切なのだ。
恋愛結婚だ、一夫一妻だという絵空事には付き合えないのである。

フルタイムで月収15万円を下回る仕事に就いている若い女性たちにとっては今や当然の考えである。
勤めていた時そういうことを何人かから聞いたことがある。

子どもを産んで、経済的に支援して貰う。
子どもを産むことが、仕事なのである。
女性であることを活かそうという仕事。


われわれは常に自分の身を何かに任せなければならない。
その何かにどういったものを選ぶか。
答えはない。

今や人は他人の人格ひとつを信頼して自分の身を任せるということが出来なくなった。

女たちが不安と戦うことをやめ、安心を得る為に妾となる一方で、男たちは女を安心させる為の経済力を獲得するレースで戦い続けるのだ。

彼らには不安から逃れる術はない。


人間の時代は終わった!
人間であろうとすれば不安からは逃れられない。
人間であろうとすれば人生をめちゃくちゃにするしかない。

めちゃくちゃになった自分の人生を、それでも大事に抱えて走るのである。