げじげじ日誌

マイ・ワールド

雨の中の涙のように

今日は暖かい日だった。

温泉に行こうかと思ったら雨が降ってきたので、やめて眠ることにした。


布団の中でゴロゴロしながら、大学生だった頃を思い返していた。

殆ど退屈していた印象しかないのだが、よくよく考えると色んなことがあった。

一度だけしか話さなかったような同級生、喧嘩別れした友人、自然消滅した彼女、就職して見なくなった先輩、色々やったアルバイト…

そしてその後の2年間の貧乏生活。

全て川の水のように流れ去って遠くにいってしまった。

あれは夢だったのではないか?と今まさに目覚めたかのように思う。

良い思い出も嫌な思い出も、起こったことも結局起こらなかったことも、全ては夢であったように感ずる。

これが過去との決別というものなのだろうか。
妙にあっさりとしている。

過去の嫌な記憶でぐわわーっ!となっている時には、過去の記憶はまさにここにあって現実のように感ずる。

だが実際には夢のようなものなのかも知れない。

そしていずれ消えてゆく。雨の中の、涙のように。