読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げじげじ日誌

マイ・ワールド

雑感

今日は色々思うことの多い日だった。

最近はツイッタを見てもネットのニュースを見ても、そこからはあまりものを考えなくなった。

煽動的な話題が多すぎるし、そういうものからは距離を置くようになった。

「そうなのか」でおしまい、にしている。
自分には他に考えるべきことがある。


思うところがあって、英語のペーパーバックをアマゾンで買って読み進めている。

辞書を使わないで読んでいるから、全く分からない単語が沢山ある。
向こうでは児童書に分類されるようなものらしいが、単語が分からないので何を言っているのか分からない。

取り敢えず10ページほどを一週間かけて読んだが話の流れが分からない。何が起こっているのか分からない。

そこで今日はもう一度初めから読んでみたら、何故か今度は少しは分かるようになっていた。

文書にはリズムがあって、だいたい何について書いているのか、が分かってくる。

具体的には単語の意味よりも先に、情景が思い浮かんできて、
それから使われている単語が大体どういう意味なのかが分かってくるのだ。

ふつう英語の学習は単語から文章を読み取ることだと思われているが、それは誤りなのかも知れない。


久しぶりに「透明な力」を読んだ。
この本は稀に見る生命の感じられる書物だと思う。

一年前に怪我をして、合気道は止めてしまったが、久しぶりに鍛錬をしてみた。

少し身体を動かすだけでも気分が澄んでゆくのを感じる。

運動というのは人間の心にとってかなり大切なものだと分かった。
身体が弱れば気力も弱る、ということだろうか。


明るく振る舞う、ということについて考えた。

以前自分がいた所では、明るく振る舞っていた。

しかしそれは長くは続かなかった。

明るさを自分の武器というか、周りへの貢献のために用いていたように思う。

それ以外の働きはとくに見せなかった。

そして明るさはやがて消えていった。

自分をロウソクに例えてみれば何が起こったのかよく分かる。

ほんのりと、暗闇の中でゆらゆらと燃え続けるロウソク。
それが自分のほんとうの明るさだったのではなかろうか。

それなのに無茶をして、電灯の光でも出すかのように明るく振る舞って、ロウソクを凄い勢いで燃やしてしまった。

明るく振る舞うことなど、必要なかった。
ただロウソクのようにうっすらと燃えていればよかった。

特に今のような暗闇の中では。